お得にアドビCCを手に入れられて使い方を学べる。デジハリ「Adobeマスター講座 」のご紹介

パソコンでデザインや写真、動画などを作るときに重宝する制作アプリのパッケージ「Adobe Creative Cloud」(以降、アドビCC)。

このアドビCCをとても「お得」に手に入れられて使い方も学べるオンライン講座があります。

このページでは そのお得なオンライン講座である、デジハリ「Adobeマスター講座 」をご紹介します。

アドビCCの制作ソフトを学べる、デジハリ・オンラインスクール「Adobe(アドビ)マスター講座 」。 アドビCCがお得に使えるのもメリット。

先日「動画を始めよう」と、ふと思い立ちました。

そう思った動機は、周りの人たちから「これからは動画の時代」と本当によく聞くようになったことと、

「自分もこんな動画を作りたい」と思わせるYouTubeチャンネルに出会ったことがきっかけです。

これまで私は 写真撮影(スチル撮影)を中心にやってきましたが、ここにきて「動画」を始めることにしました。新たなチャレンジですね。



Adobeマスター講座|デジハリ・オンラインスクール(アドビ CC ソフト付属)

動画を始めるにあたり、動画撮影向けに 憧れのソニーのフルサイズミラーレス一眼α7IIIとレンズを新たに購入。
そして、撮ったあとの動画編集はどうやってやろうかなと、あれこれとネットで調べました。

動画をパソコンで編集するには、無償から有償までいろいろなソフトがあります。

有名どころでいえば、MacだとApple社の「Final Cut Pro」、無償での利用も可能な「DaVinci Resolve」、そしてクリエイティブ・制作系ソフトの大手Adobe(アドビ)社の「Premiere Pro」があります。

どのソフトにしようかと悩みましたが、
私は日頃より写真のレタッチ/現像に「PhotoShop」を、デザインを作るときには「Illustrator」を使っていることから、同じアドビの「Premiere Pro(プレミア プロ)」にしようと考えました。

アドビCCはプロも使っている高品質なアプリのパッケージですが、そのぶん値段も張ります。

少しでも安価に使うためには、ネットで調べて見てまわって、アドビが公式にやっているセールのタイミングや、アマゾンでの購入(不定期にセールあり)ということになります。

ほかにお得な方法はないか さらに調べて知ったのが、デジハリ・オンラインスクールの「Adobe(アドビ)マスター講座 」

アドビCCが1年間使えて、さらにインターネットから動画視聴で操作方法まで学べるという、とてもお得な講座です。



Adobeマスター講座|デジハリ・オンラインスクール(アドビ CC ソフト付属)

アドビの直営ページからアドビ CCの利用契約を結ぶと、定価としては「年間プラン(一括払い)65,760円/年 税別」(2020/10/26現在)となります。

それが デジハリ・オンラインスクールの「Adobe(アドビ)マスター講座 」の受講では、39,980円税込(税別 36,346円)で1年間の利用が可能です!
驚きの価格設定ですね。

アドビ CCの定価での利用料金(2020/10/26現在)

デジハリ・オンラインスクールの価格が安い理由は、「学生・教職員版ライセンス」であることから。

「学生・教職員版ライセンス」と聞くと何らかの制限がありそうですが、通常ライセンスと変わりなく機能制限なく使えて、自身のビジネスなどでの商用利用が可能です。

2020年10月現在、アドビCCを一番お得に使う方法は、
私の知る限りでは、この「デジハリ・オンラインスクール Adobe(アドビ)マスター講座 」を受講することになります。

アドビ CCの利用を検討されている方は、この講座の受講で手に入れるのがおすすめです!

デジハリのオンライン講座でアドビのソフトウェアの操作方法を学びながら、動画作成を楽しみましょう。